歯周病の検査ってどうやるの?

投稿日:

こんにちは☺

皆様は、歯周病の検査を受けられたことはありますか?

定期健診に行かれている方は、ほとんどの方が経験されていらっしゃるとは思いますが、今まで歯医者さんにあまりお世話になったことのない方は、一体どんなことをするのだろうかと疑問に思われるかもしれません。

今日は、その検査方法についてお話したいと思います(^-^)

歯と歯茎の境目には、歯周ポケットと呼ばれる溝があります。その溝の深さを測ることで、歯周病かどうかを判断していきます。またその時に出血がないかどうか、歯が揺れていないかどうかなども一緒に確認していきます。

 

この歯周ポケットには、正常値というものがあり、溝の深さが1~3ミリで出血がない状態のことをいいます。ポケットの深さが、4ミリ以上であったり、出血がある時点で、歯周病が始まってきている状態になります。6ミリ以上になってくると重度の歯周病の可能性があります。

歯周病は、歯周病菌の出す毒素によって、支えている骨が溶かされていく病気です。この病気の恐ろしいところは、虫歯とは違い、無症状のまま気付かないうちにゆっくりと進行してしまうという点です。噛むと痛いなど症状が出だした頃には、重度に進んでしまっている可能性も高いです。

一度溶けてしまった骨は、残念ながら元に戻ることはありません。進行を止めることが治療になってきます。早期発見・早期治療が大切な歯を守ることに繋がります。

症状がなにもなくても、歯周病かどうか、まずは歯科医院で検査をしてみることをお勧めいたします☺

 

茨木市・茨木駅の歯医者 こてら歯科クリニック

-

こてら歯科クリニック

新着情報

こてら歯科クリニック

こてら歯科クリニック

〒567-0032
大阪府茨木市西駅前町9-30

医院ギャラリー

p-3742
p-3750
p-3837
p-3838
p-3913
previous arrow
next arrow
p-3742
p-3750
p-3837
p-3838
p-3913
previous arrow
next arrow