インプラント

インプラントについて

天然歯根の代用となる人工歯根のことです。
歯が抜けたままになっていたり、入れ歯がぴったりと合ってなかったり、口元が気になって自然な表情ができなかった方でもインプラントをいれることによって、今までの不快感がなくなり、楽しく笑ったり、美味しいものを食べることができます。

インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントは、平均1.5ヶ月~3ヶ月の期間を経て骨にしっかりと固定されます。

インプラント治療の利点

固定式の歯をいれることができるので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなく、天然の歯とほとんど同じ感覚で咬めます。 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。

インプラントって?

歯が1本抜けた場合

従来の治療

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

イラスト:従来の治療
 
インプラントの治療

健康な歯をまったく削ることなく歯のない部分にインプラントを入れます。

イラスト:インプラントの治療

歯が数本抜けた場合

従来の治療

入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。

イラスト:従来の治療
 
インプラントの治療

針金付きの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

イラスト:インプラントの治療

歯が全部抜けた場合

従来の治療

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

イラスト:従来の治療
 
インプラントの治療

数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

イラスト:インプラントの治療

インプラント症例

STEP1

下あごの左右の奥がなくなってしまった方です。

イラスト:左右の奥がなくなる
STEP2

保険で義歯をつくりましたが見た目にも機能的にも満足がいきませんでしたのでインプラントをすることを決意されました。

イラスト:左右の奥がなくなる
STEP3

インプラント埋入後の状態です。

イラスト:左右の奥がなくなる
STEP4

インプラントが安定したら上部構造(歯)をつくり噛める状態になり、見た目の問題も解消されました。

イラスト:左右の奥がなくなる

インプラントのよくあるご質問

インプラント治療に年齢制限はありますか?

最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでも受けることができます。

治療期間はどのくらいかかるのですか?

一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、個人差はありますが約2ヶ月~6ヶ月かかります。

通常

上の顎 4か月 下の顎 2か月

骨を増生した場合

上の顎 10か月 下の顎 6か月

骨の状態など、様々な条件が良好な場合に限ります。

手術は痛いですか?腫れますか?

口の中だけの局所麻酔をしてからインプラント手術を行いますので、術中の痛みはほとんどありません。

麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くないわけではありませんが、痛み止めで十分ご対応可能かと思います。

手術後2~3日後に多少腫れが出る場合がありますが、炎症止めのお薬ですぐに治ります。

しかし、傷の治りかたには個人差がありますので、手術後2~3日は安静にしてください。

インプラントはどのくらいもちますか?

チタン製でとても丈夫ですので何か問題が起こらなければ半永久的に機能することが証明されています。10年以上もつ可能性は90%以上です。(喫煙習慣のある方は70%以下)

インプラントはむし歯にはなりませんが、お手入れが不十分であると天然歯と同様に、歯周病にはなります。歯周病の管理を行うことが、長持ちに繋がりますので、毎日しっかりと歯みがきをし、定期健診を受けることをおすすめします。

重度の糖尿病や日常生活に支障をきたすような大きな病気をされた場合、インプラントがダメになるときがあります。

新着情報

こてら歯科クリニック

〒567-0032
大阪府茨木市西駅前町9-30

医院ギャラリー

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider